2011年9月9日金曜日

すもの食堂特製 寝かし玄米のお話



すもの食堂のランチでも大人気の“寝かし玄米”

でも、実際寝かし玄米って何?と思われている方も多いのでは。
すもの食堂の寝かし玄米は圧力鍋でじっくり時間をかけて玄米を炊いてから
大きな保温釜へ3日間寝かせて熟成させたものです。

熟成させる事で発酵が進み、玄米自体が甘く、もちもちとしてきます。

3日間も保温釜へ入れっぱなしで大丈夫!?と思う方もいらっしゃると思いますが、
玄米は白米と違い生きたお米です。
保温釜の温度が丁度いいのでしょうね、ぐんぐんと美味しくなってくれます。

玄米というと硬い、食べずらいという声も聞かれますが…
そんな方にこそ、是非一度体感していただきたい!!

私自身、玄米好きではありましたが、この寝かし玄米は今まで食べていたものとはまったく別物という感じでした。
また、通常の玄米に比べて消化が良いと言われ、事実ひどい便秘症だったすものスタッフの便秘が治ったとか!!

免疫力も高めてくれる体に優しい万能選手なのです。


すもの食堂特製 寝かし玄米は店頭にて販売中!

※現在ランチ営業、お惣菜・お弁当の販売はお休みしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿