2011年11月22日火曜日

アトミックカフェ

先日、12日にご近所にあるカフェ「SLOW TIME」さんで行われたアトミックカフェに参加させていただきました。

群馬県産野菜を扱うすもの食堂で働くスタッフとして、また出産を希望する一人の女性として、個人的にも色々な想いを抱えての参加でした。

飲食店経営やお料理教室の先生、パン屋さん、自然野菜栽培の農家さんなど…
今回の集まりは食に従事する方が多かったように思います。
その方々のリアルな想い。
耳を覆いたくなる現状の中で冷静に見つめようとする目と感情に揺れる心。

感情の拠り所を求めてただ団結するのではなく、
誰かの為といった同情のようなものでもなく、

自分は何を信じ、どう進むのか
この群馬で生きていくにはどうすればいいのか

その場にいた多くの方が立ちはだかる大きなものを前にして
たどたどしくも向かい合おうとしているように感じました。


土地を離れる。
そういう考え方もあるでしょう
それでも、私は自分の生まれたこの地が好きです。

ずいぶんと遠回りをし、二度と戻る事はないと思っていた
この地に戻ってから5年が経とうとしています。

今、ここに新しい家族ができました。
生まれた地で家族と共に生きることは
私にとってとても幸せなことです。


群馬で共生していくこと
そのために、成すべき事が
すこしずつ見えてきたような気がしました。

お店のblogをかりて個人的感想でスミマセンが… 

(とんきち)

0 件のコメント:

コメントを投稿