2012年6月6日水曜日

秩父温泉・満願の湯

“知らない土地に行ったら、まずはお風呂を探します”

と、彼女は言った


幸いなことに日本はどこへ行ってもたいていは温泉があって

もしくは味のある銭湯があって

それは地酒ならぬ

地湯とでも言うべき

その土地の文化であり

その土地を知るということなのかなぁとしっくりきた

こと、私の住む群馬は有名な温泉地がたくさんある


訪ねたお風呂を

このblogでもチョコチョコ紹介していこうと思います

先週、入間に行った帰りに

「知らない道を通って帰ろう!」ということになり

のんびりと初夏の夕暮れをドライブ

秩父方面で温泉にでも入って帰ろうか。ということになり

ケータイと勘を頼りに秩父温泉“満願の湯”へ

川のせせらぎが聞こえる露天風呂

昭和の香り漂う休憩場ではおしゃれをしたおばさまがカラオケ熱唱していました

身近なところに

良いところは何気にあって

そういうところに

幸せってあるんだろうなぁって最近思います







脱衣場に貼ってあったはり紙

そっと心にきざみましたよ…


(tomo)




0 件のコメント:

コメントを投稿