2012年7月6日金曜日

梅、梅、梅…

先日の台風到来の前日、梅もぎのお手伝いに行かせていただきました

すもの食堂でも扱っている

【お漬物の森島、】の森島さんちの梅の収穫です

無農薬で育てている森島さんちの梅は大きく、とてもきれいでした

かじってみると、とてもすっぱく、すごくフルーティー

毛虫に刺されないように注意しながら黙々と…

この無心になる感じと朝の冷たい空気がたまりません

収穫までの大変な道のりを素っ飛ばして

収穫の喜びを味わわせていただいて何だか申し訳ない気持ちにもなりました





梅の木1本1本に名前がついています
こんな所からもとても愛情を感じます
“元気玉”
名前の通り、実がたくさんなっていました




“トナカイ”
この木はどんな性格の木になるのでしょうか…




ミノムシさん
命豊かな梅林です


1年でこの時期にしか収穫できない梅

梅干しや多くの梅製品はこの時期に1年分の仕込みをします

改めて考えてみると、本当にすごいことだと思います

1年1年手をかけて育てられた木が

実をつける

豊作の年もあれば、不作の年もあるわけで

生き物は待ってくれないから

どんなに大変でも寝る間もおしんで仕込みをして

梅農家さんにとってこの時期は大忙し

おかげで私たちは美味しい梅干しが1年中たべられるわけですが…


いつでもなんでも手に入る世の中になったって

実はそうでもないことがまだまだあるんだなぁと

うれしい思いと感謝の想い


森島さん、いつも美味しい梅をありがとうございます!


(tomo)





























0 件のコメント:

コメントを投稿