2012年10月31日水曜日

小泉ビルリニューアルプロジェクト?

かつてこの界隈は人混みにあふれ、様々な人々が行き交う高崎の中心地だった。
しかし、今やその面影はすっかりなりを潜めている。

昔といっても人それぞれ。
それぞれの時代に、それぞれの人が想いを埋め込んでいる。

連雀町、慈光通りはどうだろう。初めてのデート、初めてのコーヒー、初めての
コンサートを体験したのもこの場所だった。そんな人も多いのではないだろうか?

人が集まれば活気が漲る。活気があればそこには“夢”が生まれる。
“夢”を追いかける姿は人々の共感を呼ぶ。だからまた、人が集まる。

それは押しつけでは無い。誰かに制約されるものでもない。
『解放区』
新しく生まれ変わる「小泉ビル」は、
ここに集う人々が自由に発想し、自由に表現し、自由に体現する場。
そんな空間を思い描きたい。

それにはアーティストの力が必要だ。
一流のアーティストとごく自然に触れあえるような場が必要だ。

それは、アーティストからの企画かもしれないし、聞く側、見る側から提案される
ものかもしれない。け

この場所を創るのは自分たち。この場所を使うのも自分たち。自分ゴト。

みなさんここで、「あったらいいな。」を創りませんか?

そんなことができる「場所」が創れないだろうか?
と、私たちは考えています。


《小泉ビルリニューアルプロジェクトチーム》


以上、KOIZUMI BUILDING RENEWAL PROJECTより抜粋



今日、連雀町にある小泉ビル(旧ヤマハ音楽教室ビル)で行われた

『松本真理子マリンバの世界』

マリンバ奏者・松本真理子さんによるミニリサイタルに行ってきました

まだ名も知られていないこの場所でのリサイタル

マリンバというあまり馴染みのない楽器

でも、

扉をあけた瞬間に惹き込まれました

音楽に。というよりも

松本真理子。そのものの世界に。

放つエネルギー、想い、マリンバの演奏…

あっという間の、

とても素敵なひとときでした。





街にある小さな音楽ホール。

そこは皆が気兼ねなく立ち寄り

音楽を聴き、会話を楽しみ

たまに少しの酒を飲み

お年寄りと子どもとが隣り合い

若者も男も女もなく

ただその時を、その場を楽しむ

歩いてくる者

自転車でくる者

そんな距離にある

小さな小さな音楽ホール

それがこの街の集いの場

それが街をつくり

そこが街の人の誇りとなる


【小泉ビルリニューアルプロジェクト】

そんな予感を感じさせてくれる

すてきな一夜でした


(tomo)



その他にも楽しいイベントが近日イロイロ催される予定
詳しい内容はまたblogでUPします♪

内ひとつは、すもの食堂企画のライブイベントです。こちらも是非‼










0 件のコメント:

コメントを投稿