2013年2月7日木曜日

おいしいコーヒー、トンビさん


沖縄から群馬に帰ってきたばかりの頃に見つけた

高崎の町中から

すこし外れた所にある

小さなコーヒー屋さん


“そこにある”

という言葉がぴったりな気がします


一見、素っ気ない雰囲気の店主

やわらかな笑顔の奥さん

たくさんのコーヒー豆

数種のケーキ


こだわりは強いはずなのに

押し付けてくるようなところは一切なく

ただ、目の前のコーヒーを、

「おいしいなぁ…」と思う



日々の中、

それぞれ、いろいろあったりもして

良い日も、そうじゃない日も…


それでも、ここに来ると

いつもその一杯を

おいしいな…と思える


何気ない空気が心地よい


そんなお店

“トンビコーヒー”さん



本日はおうちdeカフェ


なんて、私が紹介するまでもなく、群馬でも有名なコーヒー屋さんですよね…
店内には大きな焙煎機とたくさんの種類のコーヒー豆。名前もかわいいオリジナル
ブレンドや時期によって異なる産地別のコーヒー豆。
コーヒーもワインのように産地はもちろん作り手によって味や香りは全然異なる。
その作り手の個性や思いをとても大切にされているのが伝わってきます。
日々、野菜やその作り手に触れている私も間庭さんの話を聞くまであまり意識しなかった事でした。
「コーヒーも農産物」確かにそうですね。
安い缶コーヒーや豆が出回るその裏側は、生産者の過酷な労働環境がある。という話も耳にします。日本では、ほとんど生産することの出来ないコーヒー豆。それでも、コンビニにはたくさんの種類の缶コーヒーがあり、町中ではコーヒースタンドもよく見かけます。
“どうやって、誰がつくっているの?”そして、“どうしてそんなに安いの?”
そんな疑問を持つことも時には必要な気がします。
それは、コーヒーだけに限らず、普段何気なく口にしている野菜や肉、魚
冷凍食品や大手ファーストフード店の食事…など


あぁ、またしても話がずれてしましました…スミマセン



私が説明すると、どうもウンチク臭くなってしまうのでこちらをどうぞ
トンビコーヒーさんの素敵なHP→tonbi coffee

いつも美味しいコーヒーとケーキ、ありがとうございます。
そして、人生相談まで…


(とんこ)

0 件のコメント:

コメントを投稿