2013年3月3日日曜日

おひなさま




寒かった今年の冬も

ここ最近、春らしさを感じられる日がでてきました

もう三月です

長くかかった家のリフォームも終わり

無事に引っ越す事が出来ました

そんな、嫁いで二度目の春

実家の母から

「あなたにお雛様買ったから届けるね」と…

※私の地元、藤岡では嫁いだ娘の為にお雛様を送る習慣があるそうです

引っ越しで疲れていた事もあり、内心、

(お雛様…そんな高価なものもったいないなぁ。手入れが大変そうだなぁ…とブツブツ)

何だか、晴れない気分のまま翌日

母がお雛様を抱えて到着

それを二人で飾り付けます

人形はお雛様とお内裏様の二人だけですが

刀をつけたり、扇子を持たせたり、花を飾ったり…

ひとつひとつが本当に細やかで美しい


今は色んなタイプのお雛様が出ていて

組み木だったり、石や陶器・布で出来ているものもありますね


今回、母に頂いたものは伝統的な、

本当に昔からある雛人形。

「昔からあるもの」

ともすれば、新鮮味がなく

時として、古めかしく

そして、壊れやすいものが多かったり…

でも、

昔から変わらずに残っているものや

守り続けられているものは

やっぱり相応の意味がある

理屈ではなく、そのものを前にすると

自然と納得してしまいます

確かに扱い方によっては壊れやすいものですが

その繊細さに心奪われます

日本人の心の豊かさを感じます

昔ながらのその顔もやはりそれぞれ表情があり

とても穏やかな顔をしています

たくさんの種類の中から

母は私に合うお顔の人形を選んでくれたのでしょう

どんな気持ちで、どんな想いで…


ただ出して、ただ終うだけでない

その所作の中で、嫁いだ娘は母の事を思うのでしょう


結婚をして

新しい家族ができ

会う時間も話す時間も少しずつ減りました


それでも大切な人にかわりはないよ

お雛様を通して対話します

おかあさん、ありがとう



庭の紅梅も満開。ハナも気持ち良さそうにお昼寝中。

(とんこ)


号外!桃の節句。“もも”といえば…

今月末MOTOKONYAに“momo椿*”のアコーディオンのデュオがやってきます

北軽井沢からあの“麦小舎”さんが本を携えてやってきます

「さかさま小路の春奏会」

チケットはすもの食堂で販売中!



さかさま小路の春奏会
〜スウプと本とオンガクと〜


拝啓 時間が逆さまに流れる不思議な路地「さかさま小路」にも、
やわらかなハルカゼが吹きはじめました。
町の八百屋さんのつくるスウプ、山の本屋さんが届けるモノガタリの本、
そして旅する2台のアコーディオンが奏でるオンガクにあわせて、
まちわびた春の到来をいっしょにお祝いしませんか。


日程:2013年3月30日(土)
場所:MOTOKONYA(高崎市元紺屋町9)
時間:10:00〜18:00


◎フード担当【すもの食堂】......野菜たっぷりのシチューとドリンク
◎古本担当【キジブックス(麦小舎)】......うたた寝しながら読みたい本や絵本
◎オンガク担当【momo椿*】......春の物語を奏でる演奏会

※フードと本は終日ご利用いただけます(入場無料)。

{momo椿* の演奏会}




第一部 うららの会 13時〜 お子さんもご一緒に賑やかに
第二部 おぼろの会 17時〜 夕暮れにあわせて幻想的に

料金: 前売1800円 当日2000円 小学生1000円 小学生未満無料
定員: 各回25名

ご予約:
すもの食堂(店頭/メール mail@sumono.net/電話 027-321-5289)
麦小舎(メール otayori@mugikoya.com)

※ご予約の際にどちらの会を希望かお知らせください。






0 件のコメント:

コメントを投稿