2013年3月26日火曜日

うららの会、おぼろの会…



先日、


30日にMOTOKONYAにやってくるmomo椿*のアニーさんから便りが届きました


(momo椿*はJohnJohnFestivalのアニーさんがやっているアコーディオンのデュオです。
 ジョンジョンとはまたひと味違った可愛らしく幻想的な音楽をどうぞ!)


今回の演目は、


歌だけでなく、いろいろと考えてくれたようです


今回は昼と夕方の二部制になっているため


どちらも見たい!という方も楽しめるように


それぞれにスペシャルな演目を用意してくれたようです!


気になる内容は…


【うららの会】


型染作家の花房直美さんとの共作、グリム童話の『ヨリンデとヨリンゲル』型染紙芝居

10~15分程で、見応えたっぷりです




【おぼろの会】

絵本『空が レースに みえるとき』の音楽付朗読

(文:リノア・L・ホロウィッツ / 絵:バーバラクーニー / 白石かずこ 訳)





きっと原作を知っている方にとっては、また新鮮な楽しみがあるのではないでしょうか


わたしはどちらもまだ読んだことはありませんが、

“空がレースにみえるとき”

想像し、目を閉じてみる

身をゆだねると、どこからか聞こえる懐かしい音色…

空想の世界が広がります

momo椿*はどんな“レースの空”を見せてくれるのかしら


【おぼろの会】


まだ、席に空きがございます

ちょうど今週末、桜が見頃を迎えるでしょうか?

夕暮れ時

路地裏にある

古い染物屋さんだった小さな一軒家から

かすかに聞こえる柔らかい音

春の宴がささやかに始まっているかもしれません

“さかさま小路の春奏会”

幻想的な春の夜

いつしか空にはおぼろ月

寄り道して

桜を見ながら帰るのもいいかもしれません

皆様のお越しをお待ちしております


(とんこ)



追伸:momo椿*の“momo”はミヒャエルエンデのモモからつけたそうです。

  “モモ”好きな方も、そうでない方も…どうぞ








0 件のコメント:

コメントを投稿