2014年5月15日木曜日

なんか、スッキリしませんが…


ここ数日、なんだかカラダがスッキリしない。。

「あー生野菜を山盛りたべたいな~」と思う事しばしば。

カラダにこもった熱を、野菜で冷やそうとしているのかなぁと、そんな気がします。

カラダは正直だ。

さらに、自然はうまくできていて
新玉ねぎや春キャベツ、レタス、水菜、ルッコラなどが出始めました。

水やアイスで急激に体を冷やすよりも
季節の野菜で優しくからだの熱りを取ってあげるのがいいのかな~と思います。

地元で採れた旬の野菜しか扱っていないと、
自然の流れが自ずと見えてきます。

もう食べ飽きたな、と思うといいタイミングで次の野菜が出てきます。

お店をやっている上で、それが良いことかどうかはわかりません。
お客さん目線にたてば、良いことではないのかなとも思います。

全国には、おいしい野菜がたくさんあります。
手をかけ、おいしく育ててくれる人もたくさんいると思います。
それを取り寄せて販売することも出来るし、その方が喜ばれるのかもしれない。

でも、それ以上に“自分の身の周りで賄う”ということに惹かれます。

何でも手に入る今の時代に、手に入らないという不便さを味わうこと。

野菜の少ない冬や端境期を超え、やっと次の野菜が出始めたときは本当に感動します。
「あぁ、この季節がきたんだなぁ」
「この野菜ってこんな味がしたんだなー」としみじみ感じます。


話がずれました。。こんな勝手な店でスミマセン。(でも野菜以外の商品も少しずつ増えてます!)


まぁ、体温調節の難しい季節ですがあんまり無理せず行きましょうー!  (とんこ)

こころね農園さんから
こんな立派な春キャベツが届きました! 


0 件のコメント:

コメントを投稿