2014年5月29日木曜日

zoodo







先週末、鬼石のきぬやという場所で行われた
『zoodo(ゾード)』(※ブルキナファソの言葉で『繋がり』の意)というイベントに行ってきました。

ポンカレーさんと、そのお友達の『SONOGNYEN(そのにえ=調和を意味します。)』さんが
アフリカ布やバティック(ろうけつ染め)&カレーの販売をしていました。


この一枚のバティックは、アフリカを描いたもの。


いつか南アフリカに、何かの形で関わりたい。
22歳でピースボートに乗った時、漠然とそう思いました。

それから大人になるにつれて
こんなちっぽけな自分に何ができるっていうのだろう。そう思ったり、
お前にできるわけないよ。そう言われたり、
だんだんと口に出すことが恥ずかしくなり、こころの隅に追いやってしまった想い。

この一枚のバティックを見ているうちに、そんなことを思い出しました。


できないことだってやりたいって言っていいんだよ。と言ってくれた人がいました。
すぐに出来なくたって、言い続けていれば出来る環境に近づけたり、
誰かが助けてくれたりするから。
出来ないから、言わないっていうんじゃ何も変わらないし、伝わらないよって。

何も変えられないかもしれないけれど、知ることは大きな一歩につながる。

忘れていたいろいろを少し思い出しました。なんだか穏やかな一日。


ちなみに、今回の売り上げの一部は
WAAF《FGM廃絶を支援する女性達の会》に寄付されるとのこと。

※FGMとは、女性性器切除(=female genital mutilation/cutting、以下FGM/C)の略。
アフリカをはじめとする国々で行われている女の子や女性の性器の一部を切除してしまう慣習です。きわめて強い社会的な規範に支えられ、家族はその害を知っていても自分の娘にFGM/Cを受けさせていることが少なくありません。FGM/Cは、女子と女性の人権侵害であるとともに、健康面で長期的な影響を及ぼし、心にも深い傷を負わせています。(unicefのHPより)

私は、このFGMという言葉を今回のイベントを通して初めて知りました。
このようなことが、今もなお続けられているそうです。


(とんこ)

2014年5月26日月曜日

ウド掘りツアー

すもの食堂にいつも美味しい野菜を届けてくれる『自然工房 堀込農場』に
ウド掘りツアーに出かけました。




もみ殻の中からニョキニョキと…





 
 
 
 
 
 
 
 



上の方を持ち、慎重に引き抜きます。

掘りたてのウドは真っ白でとてもきれい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
採れたてのウドを、そのままがガブリッ。
え?ウドをそのまま!?と思う方もいるかもしれませんね。。
でも全くエグミがなく、とってもみずみずしい!これは本当に掘りたてでないと味わえない味。 
 
農家さんならではのウドの色々な食べ方も教えてもらいました。
「穂先は、やっぱり天ぷらだね。」
「煮物でも炒めても、ゴマよごしでもなんでも美味しい。」
「生のまま薄くスライスしてマヨネーズと胡椒が一番のおすすめ。」など。
 
 
ウド掘りの後は、お昼用のたまごを頂きに鶏舎へ。
 
広い鶏舎でのびのびと自由に走り回る鶏たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本の“もみじ”という品種。
見ていてなんだか楽しそう。






















堀込農場では、
鶏の食べるトウモロコシも栽培しています。





















温めている最中の卵をいただきました。
まだ、あたたかい。。


























命をいただきます。






















堀込農場の裏手にある山は、
ぐんま百名山のひとつ「崇台山」
ここで、お昼ごはんです。























新鮮な卵は弾力があります。
ほのかに塩味もあり、やわらかい味。
  
 
45年前に自然農を始めた堀込 理さんと。

















いつもお世話になっている堀込 聖さん。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも食べている野菜はどんな人が、どうやって育てているのか。
卵を産む鶏はどんな環境で育ち、どんな餌を食べているのか。
そして、どんな過程を経て食卓に並ぶのか。

お店に並ぶきれいな野菜やパック詰めで冷やされた卵、
切り身の魚や肉からは、命をいただいているという実感はとても薄い。

だから、こうやって種をまき、エサを与え、育み、生産している場に訪れることは
すごく大切な気がする。

今日、私たちの食べた卵は
産んだばかりの卵を温めている親鶏からいただいた命です。
まだ、あたたかかったです。

正直、その卵を手に取った時、なんて残酷なんだろうと思った。
でも、自分の命が他の命の上に成り立って生きている。と実感することは時に必要なことだと思う。

そうやって生かされている大切な命。
それを知ることでより自分も誰かも大切にできるような気がします。


堀込さん、今日はお忙しい中ありがとうございました。
そして、いつも美味しい野菜や卵をありがとうございます!


追記
今回のウドはいつもお世話になっている方や飲食店の方々におすそ分けさせていただきました。
すると…こんな素敵なお返しが!美味しいものをつくっている人が周りにいるって幸せ♪
ありがとうございます。美味しくいただきました(*^^*)
わらしべ長者ならぬ、ウド長者!?
















(とんこ)

今回のウド掘りツアーでお世話になった【自然工房 堀込農場】さん。
富岡で45年も前から自然農法という、なるべく自然に近い形での栽培を始め、
蒟蒻、玉ねぎ、山ウド、平飼いの有精卵、その他季節の野菜を多数育てています。

すもの食堂でも、堀込農場の野菜が随時入荷しております。(山ウドは終了しました。)
穏やかで、優しく、だんだんと味が濃くなっていく堀込さんの野菜。
是非一度、食べてみてください!※平飼い有精卵は予約制となります。(6玉350円/10玉580円)
 
 

 
 
 
 


2014年5月23日金曜日

夏レモン


夏レモンが届きました!


ゴツゴツ、かわいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



リモーネ・山崎さんからのメッセージ
 
夏レモンは 酸味がマイルドでジューシー
皮も柔らかくて 夏レモンのジャムなどは美味しいので
ぜひ ご家庭で!
夏レモンと蜂蜜漬けもおすすめです。
スライスしてジップロックに入れて 冷凍したものを
少しずつ漬けても 美味しいです!
 
 
リモーネさんでは、レモンピールをつくっていますが
あえて、夏レモンだけでつくっているそうです。
 
皮も厚く、ピール(砂糖漬け)やレモンチェッロ作りにはちょうどよいレモンかもしれません♪
 
レモンの季節もあと1か月ほどでしょうか。
夏用に保存食やシロップづくり、はじめませんかー!
 
 
レモンシロップ
ビールやソーダで割ったり、かき氷にかけたり
暑い季節に大活躍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日の朝ごはん
ふきの炊き込みごはん・わかめと豆腐の味噌汁
新玉ねぎとウドとしいたけのオイル煮の塩ヨーグルト和え
ふきとお揚げの煮物・マカロニサラダ
がんもとチンゲン菜の煮物
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最近、野菜のオイル煮にハマっています。
野菜を切って、弱火でじっくり火を通すだけ。
シンプルに塩だけでかるく味をつけておきます。
ニンニクや唐辛子を入れたり、なたね油やゴマ油にしてみたり
そのままお弁当に入れたり、野菜やパスタと和えるだけで一品できてしまう優れもの。
日持ちがするので、まとめて作って冷蔵庫にストックしておきます。
油にも素材の味が移って、二度おいしい(*^^*)
これから、いろんな素材で試してみたいと思います。
 
 
(とんこ)
 
 

2014年5月22日木曜日

雨の日、

 
去年、カナポン米を育てた経験のおかげで、雨の日の見え方が変わった。

去年の今頃は、田んぼに直植えした苗を育てる時期で、雨が全然降らないから、
苗が枯れないように、ポリタンクの水を田んぼまで持っていくんだけど、
20リットルのポリタンクの水ををいくら巻こうが、焼け石に水で
みるみる間に土が乾いてしまって、苗が枯れやしないかといつもビクビクしていた。

それと同時に、雨の大切さを思いしった。...

晴れてる日はいい日で
雨の日はわるい日

そんな思いがずっとあったけど

田んぼや畑に思いを馳せてみると

雨の日も満更でもない。
 
 
(かなへい)



 
 


 
 
本日の朝ごはん
玄米ごはん(赤米入り)・新玉ねぎの味噌汁
白エビとチンゲン菜、キャベツ、山ウドの炒めもの
がんもと長ネギの煮物・ふきとお揚げのピリ辛煮
すりゴマ納豆・玉子焼き
 
 食べすぎでしょうか…
 
 

2014年5月21日水曜日

みどりの野菜、たくさん!


みどりの野菜もたくさん!

チンゲン菜(こぐれ農場)




















「別にチンゲン菜じゃなくてもいっか。。」
これが私のチンゲン菜に対するイメージでした。(八百屋失格、、)
でも、これは味が濃く、チンゲン菜の風味たっぶりで
炒めても、味噌汁に入れてもすごくおいしかった!

ルッコラ(こぐれ農場)




















ルッコラ好きにはたまらない、ピリッとした辛味と苦みばっちりの
ワイルドなルッコラ。葉は肉厚で柔らかくておいしい。
肉と相性がいいのでサンドイッチやソテーに添えても◎
塩味とのパスタに入れてもいいですね(*^^*)

水菜(こぐれ農場)




















味の濃い水菜。水菜だってちゃんと味があるんです!!
茎の部分は意外としっかりしているので(筋っぽさはあまりないですよー)
サッとゆでてお浸しや温サラダ、味噌汁や塩漬けが向いているかもしれません。
シャキシャキッとした触感を楽しんで♪

金町小かぶ(こぐれ農場)




















まだまだ小さな姫カブ。浅漬けにしてフレッシュな味を是非楽しんでいただきたい。
葉っぱまで全部食べられます。

タカサキエキビレッジで知り合った“こぐれ農場”さん。
木暮さんの野菜はギュッと味が濃く、香り豊かなのが特徴的。
すもの食堂でも、取り扱えることになりました\(^o^)/(主に火曜日入荷)
こちらも、よろしくお願いします!




本日の朝ごはん
ポンカレーさんのカレー&玄米
フレッシュサラダ&吉澤さんのワイルド生ハム
春キャベツとウドのマヨネーズ和え(器はhousendo17)
春大根の味噌汁




 
【お知らせ】
5月30日(金)、31日(土)JR高崎駅にてタカサキエキビレッジvol.3開催します。
開催にあたり30日(金)の店舗での営業はお休みさせていただきます。
是非、足をお運びください!詳しい出店者情報などはこちらからどうぞ→takasaki-ekivillage
 
 
 
 
(とんこ)


 




2014年5月20日火曜日

野菜がたくさん!!


長い長い端境期がやっと終わりを迎えたようです。

スナップエンドウ(こころね農園)




















初夏の大好きな味。
茹であげをそのままパクリッでも十分美味しいですが、
最近は新玉ねぎと一緒に味噌汁にいれるのにハマっています。


新玉ねぎ(太田農園)

















カラダがなんだか重いなぁ~と感じる季節の変わり目
食べたくなるのは、オニオンスライス。
毎日、毎日飽きもせずに食べます!大好き!!
網で焼いたお揚げに、真っ白なオニオンスライス、削りたてのおかか~♪
それだけでビールが進む!簡単に立派な一品にもなるお手軽おかず。

ふき(堀込農園)




















手間がかかる~ふきだけど~
今だけだから、頑張れる~
家の中の一番大きな鍋を引っ張り出して、なるべく長い状態で茹でます。
そうすれば、筋取りも少しは楽になるかな。。
筋取りも案外楽しいもんですよ♪

春大根(こころね農園)





















葉っぱも立派な春大根。
上の方は甘みがあるのでサラダやおろしで生食に。
根元は少し辛味があるので味噌汁や蒸したり、炒めたりがおすすめ。
まずは、糠漬けにしてみようと思います!


今年の春は、とても野菜の入荷が少なかったです。
最近の暑さで、2月の大雪がずっと前のことのように感じますが
その影響がまだ出ています。たぶん夏野菜やそれ以降も影響は出てくると思います。

厳しい状況の中でも、野菜を作り続けてくれる農家の方々のおかげで
私たちは美味しい野菜を販売することができます。そして、食べることができます。

ココがダメなら、アッチから。
アッチがダメでも、ソッチがある。

流通が発達した今、それでいいのかもしれない。
でも流通が途切れたとき、その糸はとても細く脆い。

それは、あの大地震や大雪で身をもって感じたこと。

日頃から手の届く関係の中で生活することで
少しづつ、その糸が太くなればいいなと思います。

地元の農家さんがつくった野菜、是非手に取って食べてみてください!


(とんこ)

maroyaka festival




 
星降る森キャンプ場で行われた
 
maroyaka festival
 
お天気も、場所も、音楽も、食べ物も、人も最高。
 
あたたかく、穏やかで、やさしいフェス
 
 
スタッフの皆様、おつかれさまでした。
 
素敵な二日間をありがとうございます。






2014年5月15日木曜日

なんか、スッキリしませんが…


ここ数日、なんだかカラダがスッキリしない。。

「あー生野菜を山盛りたべたいな~」と思う事しばしば。

カラダにこもった熱を、野菜で冷やそうとしているのかなぁと、そんな気がします。

カラダは正直だ。

さらに、自然はうまくできていて
新玉ねぎや春キャベツ、レタス、水菜、ルッコラなどが出始めました。

水やアイスで急激に体を冷やすよりも
季節の野菜で優しくからだの熱りを取ってあげるのがいいのかな~と思います。

地元で採れた旬の野菜しか扱っていないと、
自然の流れが自ずと見えてきます。

もう食べ飽きたな、と思うといいタイミングで次の野菜が出てきます。

お店をやっている上で、それが良いことかどうかはわかりません。
お客さん目線にたてば、良いことではないのかなとも思います。

全国には、おいしい野菜がたくさんあります。
手をかけ、おいしく育ててくれる人もたくさんいると思います。
それを取り寄せて販売することも出来るし、その方が喜ばれるのかもしれない。

でも、それ以上に“自分の身の周りで賄う”ということに惹かれます。

何でも手に入る今の時代に、手に入らないという不便さを味わうこと。

野菜の少ない冬や端境期を超え、やっと次の野菜が出始めたときは本当に感動します。
「あぁ、この季節がきたんだなぁ」
「この野菜ってこんな味がしたんだなー」としみじみ感じます。


話がずれました。。こんな勝手な店でスミマセン。(でも野菜以外の商品も少しずつ増えてます!)


まぁ、体温調節の難しい季節ですがあんまり無理せず行きましょうー!  (とんこ)

こころね農園さんから
こんな立派な春キャベツが届きました! 


2014年5月14日水曜日

削りたて届きました!


本日、築地から鰹の厚削りが届きました。

箱を開けた瞬間にぷ~んといい香り…♪

注文を受けてから削ってくれています!

鰹節の出汁って、一瞬の勝負のような、なんだか難しいイメージがあって以前は避けていたのですが、この“厚削り”に出会ってからは、とても身近な存在に。
名前の通り、厚みがある分風味が飛びにくく、ゆっくり煮出すので失敗も少なくなりました。
コクがあるので、普段の味噌汁や煮物にもぴったりです。

そして、なにより重宝するのが【自家製めんつゆ】

出汁と醤油とみりんでつくる、めんつゆ。
この自家製のめんつゆが冷蔵庫にあるだけで、とても心強い。

おなかが空いてどうしようもない時も、頑張って麺だけ茹でればなんとかなる。
おかずが一品欲しい時も、青菜を湯がいてめんつゆにつけておけば簡単お浸しに。
お豆腐やがんもを煮てもおいしいし、鍋の地にも使える。

冷蔵庫で数日は日持ちがするし、多めに作って冷凍しておくことも。

とにかく作り置きがなくなると、急にさみしい気持ちになってしまう。
冬も夏も、たいてい我が家の冷蔵庫にはめんつゆがある。

でも、買うと結構高いから…
ちょっとだけ手間をかけて手作りする。
もちろんその方が、味もぐーんとぐーんとおいしい。


鰹・厚削り(鹿児島県・枕崎の鰹使用)
300g1980円/500g2800円



























 品切れ中だった“羅臼昆布・耳”も入荷しました。
【昆布の王様】とも言われる羅臼昆布からはとても濃厚な出汁が引けます。
でも、王様と言われるだけあってお値段も…た、高い。。
毎日使いたいものだから、できるだけ安く気軽に使えるように
見た目は悪くても味のいい“耳”の部分を取り扱っています。

「もう他の昆布は使えない~」と二度、三度と買っていく方の多い隠れた人気商品。


羅臼昆布・耳(北海道羅臼産・天然物)
330g2500円
※表面の白い粉はアミノ酸の一種で旨み成分です。




























簡単なレシピも用意してありますので、是非作ってみてください!



(とんこ)

2014年5月13日火曜日

市場カゴ

 
5月に入ったと思ったら、あっという間に2週間経っていました。。
緑が生き生きと、気持ちの良い季節です。

先週末は、
敷島。本の森:ブックマルシェでのんびり本を選んだり
上信電鉄に揺られて動楽市や富岡製糸場に足を運んだり
ゆったりとした時間を過ごしました。

今日はこれからの季節、ピクニックやキャンプに持っていきたい丈夫なカゴバッグの紹介です♪

















築地市場に行くと、このカゴ片手に買い物してる人をよく見かけます。
近くの料理屋の店主でしょうか。野菜などがたっぷり入っています。
そんな方たちが使っているだけあって、このカゴはとにかく丈夫。
パンパンに入れたって、そんな簡単に持ち手が取れたり、切れたりしません。
何より、実際に毎日のように使っている人がいるって心強い!

普段のお買いものでエコバッグ代わりに使ったり
ピクニックやキャンプ、海水浴や運動会に持っていったり

少々濡れていたって平気!そのまま野菜カゴとして使っても◎




















食器やタオル、棚の整理カゴとしても重宝します。
安定性ばっちりなので、車のトランクにそのままポンッ。
底が平らなので、コロンと転がったりしないんです。これが意外と重要。

サイズは普段使いにしっくりなじむように少し小さめのサイズです。


雑誌や書類を入れてもグチャッとならないのがいい。




















カタチは2種類。
わかりにくいのですが、スクエア(四角)とサークル(丸)になっています。
市場カゴと四角が多いのですが、丸だと女性らしさが出て、また素敵。

左がサークル(丸)、右がスクエア(四角)
















緑の表面が日に当たってだんだんと黄みを帯びてきます。
「10年使うと飴色になって、かっこいいんだよね」と、愛用している方から聞きました。

日々の変化を楽しみながら、
長く大事に使う。

10年後、どんな色になっているか楽しみです。


(とんこ)


【市場カゴ】
岩手県産篠竹使用
日本製
Sサイズ(約33×18×高さ22cm) スクエア・サークル各6500円
※サイズは底面を測定しました。サークルタイプは間口が若干小さめになっています。
※手づくりの為、1~2cmの誤差が生じることがあります。また、品切れの際は入荷にお時間がかかることがあります。



2014年5月1日木曜日

完熟!越冬八朔


豊作につき越冬八朔(はっさく)が再入荷しました\(^o^)/

リモーネさんからのメッセージです。

今の時期の木熟八朔は かなり美味しいです(^.^)
 
ただ、無農薬だとヘタがポロリと落ちてしまうので
(業界後ではヘタ落ちと言います)
このヘタ落ちというのは 通常 規格外になってしまうのですが
傷有と同じになってしまうらしいのですが
リモーネでは、このヘタ落ちというのは完熟の証拠として
いるのでおすすめです。
 
柑橘は熟すと自然にヘタから落ちて地面に落下するのですが
その落ちたものが美味しい!のです。
 
慣行栽培は、農薬のホルモン剤でヘタ落ち防止剤が入っていて
散布するとヘタ(落下防止)が落ちないようにしています。
(ヘタが無いと規格外になってしまうため)
 
ヘタが無いのも無農薬の証拠でもあるのです(^.^)
 
 
届いたばかりの段ボールを開けると、
ほーんのり甘い香り♪
 
今回は大きめのものが多いので、ピール(砂糖漬け)やマーマレードなど
皮ごと使いたい!という方にもおすすめです!
 


レモンも届きました~


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
八朔は、最後の最後ということで今回は特別価格で販売します(*^^*)
 
 
 
(とんこ)