2015年2月11日水曜日

男の牛丼

 
普段あまり牛肉は食べませんが
先日、新しくなった甘楽町の物産センター(道の駅 甘楽)で
群馬で育てている黒毛和種?のなんとかという牛肉が売っていたので試しに買ってみた。
(群馬で牛肉ってあまり見かけないので)
 
ここは、牛丼でいただこうと
お肉を炒めてみると、物凄い野性的なにおい…
 
うーん、ちょっと無理かも。。
 
できあがった牛丼を恐る恐る口へ
お、おいしい~☆
ラム肉のような香りはあるものの、くさくはない。
肉はしっかりとしているのに固くなく、赤身の中に上品な脂身を感じる。
肉自体の甘みも強い。
(脂身が少し重たかったので切り落としてもよかったかも)
 
かなへい作:男の牛丼
こういう料理は私より上手です
 
 
甘楽町は有機農業も盛んなので、
美味しい米、玉ねぎ、白滝、牛肉で
ここでしか食べられない最高の牛丼とかつくれるんじゃないかなーと夫と話しました。
 
大量につくって
大量に(しかも安く)流通に乗せるのではなく、
 
大量につくれなくても大切に育てたものを
ここへ来れば食べられますよ。一日少量限定ですが!
で、いいような気がします。
 
とっても大きな地域の魅力だと思うのですが…
 
 
(とんこ)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿