2015年2月26日木曜日

すもの食堂ポイントカード・朝食無料券について


閉店に伴い、お客様にご利用いただいておりますポイントカードの新規発行 及び ポイント押印を
誠に勝手ながら、2015年3月6日(金)をもって終了とさせていただきます。

また、現在貯まっているポイントに関しましては、
1ポイント=17円で計算したものを、
お買上げ合計金額から値引きさせていただく形で対応させていただきます。


モトコンヤ朝ごはん最終日に配布した朝ごはんチケットは、
380円分のお買物券として、当店舗にてご利用いただけます。
再開を楽しみにしてくださっていた皆様、大変申し訳ありません。

※ポイント、朝ごはんチケットの換金、釣銭の支払いはできません。

何卒ご了承ください。


ポイントのご利用期限は、2015年3月27日(金)までとさせていただきます。

よろしくお願いいたします。


2015年2月26日 すもの食堂 金井良平・智美



 
 
 

すもの食堂 閉店のお知らせ


今日はあらためて皆様に大切なお知らせがあります。

すもの食堂は、2015年3月27日(金)をもちまして、田町の実店舗を閉店することにいたしました。
突然のご報告で驚かせてしまい、申し訳ありません。


実は2014年夏頃から、飲食や惣菜販売ができる店舗への移転に向け話が進んでいたのですが、
昨年末に急遽その話がなくなってしまいました。

2011年5月、前任者からすもの食堂を引き継ぎ、
2012年、仮店舗として移転してから3年が経ちます。


すもの食堂を引き継いだ当時は、農業や野菜を扱うことに対して全くの素人で、
今の自分たちに何ができるか、何をすればいいのかを模索しながらの毎日でした。

ですが、同時に、仮店舗での営業というのを言い訳にして、
目指す方向に真剣に踏み出せない自分たちがいたように思います。


今回、食堂を再開できると思った矢先、移転場所が無くなる、という出来事は

「あなた達が進みたい方向は本当にそっちでいいの」

と、言われたような気がしました。



「身の回りのもので豊かになる」


開店当時からのその思いは今も変わりません。
むしろ、その思いはこの4年でより強くなりました。

ただその方法が「お店でものを売る」という形でなくてもいいのかな、と思っています。



去年一年間、高崎駅で開催した群馬産直市「タカサキエキビレッジ」の運営に携わり、
「“作る人”と“買う人”が同じ場所にいるっていいなぁ」と感じました。

お互いに顔を合わせ、あいさつする。
他愛もない会話をする。

安心安全や地産地消という言葉でもなく、
生産者とか、消費者とか、そんな立場すら超えて

「お互いがお互いを、知っている」 ということ


そんな当たり前の関係が、とても大切なんだと思いました。



今後の事についてはまだ答えが出せませんが、
そんな“あたりまえの関係性”の中で、自分たちの立ち位置、やりたいこと、出来ることを
もう一度考え直したいと思っています。


その為にも、一度きちんと気持ちに区切りをつけ、次へ進む為に、閉店という選択を選びました。

今まで、使い勝手の良くないこのお店を頼りにして下さったお客様には
ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。そして、本当にありがとうございます。

残りわずかな営業期間ではありますが、閉店までお付き合い頂ければと思います。


                             2015年2月26日 すもの食堂 金井良平・智美

追記

 お客様にご利用いただいていたポイントカードの取り扱いについては別途お知らせいたします。

2015年2月24日火曜日

群馬のすき焼き


久しぶりのすき焼き

下仁田ネギ、しらたき、椎茸(今日はエノキでしたが)、豆腐、たまご、牛肉、、
こんなに身近な素材で、こんなにスペシャルなすき焼き素材が手に入る県はなかなかないでしょう☆

群馬の魅力は、実はこんな風に身近に散らばっているのに、
なかなか気づけないものですね。


冬が過ぎ去ってしまう前に、いかがですか?



気が置けない友人とこたつを囲みながら


翌朝は、すきやき丼

<とんこの特選素材>
・下仁田ネギ/黒沢農園(甘楽町産)※
・春菊/太田農園(甘楽町産)※
・白菜/こころね農園(旧榛名町)※
・椎茸/大坂屋(下仁田町産)→この日は、スーパーまるおかさんの木島平えのき。(こちらも美味‼)
・豆腐/たまむらとうふ(玉村町産)※
・しらたき/ホウトク(吉井町産)
・たまご/太田農園の平飼い有精卵※
・牛肉/スーパーまるおかさんで購入した増田和牛
・醤油/有田屋(安中市)※

※印は、すもの食堂で販売中。(入荷状況により、欠品の場合もあります。)


(とんこ)
 

2015年2月19日木曜日

玄米のり巻


やってみると簡単なのに、難しく考えすぎて手が出せないもの。
そんなひとつ、のり巻。

今年の節分に恵方巻(市販の)を食べた時に、
来年は手作りしよう!と心に決めました。

心に決める前に作ればいいのに、、と思いつつ。


ところが、お腹が空いていてもたってもいられなかったある日。
思い立ったかのように、残っていた玄米と納豆を海苔で巻いてみた。
ただ、それだけ。

おぉ~、のり巻じゃん!!

案外、簡単にクリアできるもんですね。

のり巻き=酢飯という概念もなかなか作れなかった理由のひとつ。
面倒だし、糖分とりすぎかな…

でも、酢飯の必要なんてこれっぱちもなかった。
とりわけ、玄米でつくるのり巻きは酢が入らなくてもとびきり美味しい。

しばらくは、のり巻きブームが続きそうです。



のり巻き弁当
右は、人参ナムル、担々麺の残り肉、玉子焼き、松田マヨ
左は、ひきわり納豆、たたき梅、しょうゆおか 
 
 


懐かしの折り畳み弁当箱は、先日前橋の商店街で見つけました。1セット50円‼



(とんこ)

2015年2月17日火曜日

有田屋さんのお醤油

今日は、まじめに商品紹介




有田屋さんのお醤油
2年間じっくりゆっくり発酵・熟成させてあります。
その為か、封を切った後もゆっくりと風味が花開く気がします。

というのも、私は初めこのお醤油が苦手でした。味が濃すぎて。
それで使いかけの醤油を台所のシンク下に半年ほど放置。。
何かの拍子に一升瓶に入った醤油の蓋を開けてみると…

とっても芳醇な良い香り~

舐めてみると、角のとれたなんともまろやかな味わいに~

醤油は封を切ったら劣化が早い。保存は冷蔵庫で。
だから割高でも小さいサイズのものを買って早めに使い切った方がいい。
そう思っていました。実際、今まで使っていたものはそうだったような気がします。

そんなわけで、おすすめは一升瓶。
使いながら丸みを帯び変化する味、うっとりするようなジャパンアロマを是非お家で感じてください!
ゴミも減るし、価格もかなりお得です♪

<有田屋さんの天然醸造しょうゆ>
一升瓶(1800ml) 1360円
お手頃サイズ(1000ml) 850円
食卓サイズ(360ml) 500円


玄米ごはんにお醤油ちょこっと垂らしただけでも美味 (・´з`・)


(とんこ)

2015年2月16日月曜日

バレンタイン・チーズケーキ

 
バレンタインは昔から何かしたいタイプです。
渡したい人がいても、いなくても。
たぶん自分が女の子を感じたいんだと思います。
まぁ、いつまででも。
 
そして今年は夫から衝撃の一言。
実はチョコあんまり好きじゃないんだよね~
えっ、初耳です… 
ということで、チーズケーキにしました。
 
オーブンは実家の倉庫に眠っていた30年くらい前のものを使っています。
今みたいにボタンがいっぱいなくとてもシンプル。
そこがいい。それで十分。
 



そして、バレンタイン・パエリア
ちょっと奮発。


青い皿はHOUSENDO17
木のしゃもじはホクト59
どちらも群馬の作家さん



スペインの陽気な料理にブルーの皿が映えますね。


(とんこ)

2015年2月11日水曜日

男の牛丼

 
普段あまり牛肉は食べませんが
先日、新しくなった甘楽町の物産センター(道の駅 甘楽)で
群馬で育てている黒毛和種?のなんとかという牛肉が売っていたので試しに買ってみた。
(群馬で牛肉ってあまり見かけないので)
 
ここは、牛丼でいただこうと
お肉を炒めてみると、物凄い野性的なにおい…
 
うーん、ちょっと無理かも。。
 
できあがった牛丼を恐る恐る口へ
お、おいしい~☆
ラム肉のような香りはあるものの、くさくはない。
肉はしっかりとしているのに固くなく、赤身の中に上品な脂身を感じる。
肉自体の甘みも強い。
(脂身が少し重たかったので切り落としてもよかったかも)
 
かなへい作:男の牛丼
こういう料理は私より上手です
 
 
甘楽町は有機農業も盛んなので、
美味しい米、玉ねぎ、白滝、牛肉で
ここでしか食べられない最高の牛丼とかつくれるんじゃないかなーと夫と話しました。
 
大量につくって
大量に(しかも安く)流通に乗せるのではなく、
 
大量につくれなくても大切に育てたものを
ここへ来れば食べられますよ。一日少量限定ですが!
で、いいような気がします。
 
とっても大きな地域の魅力だと思うのですが…
 
 
(とんこ)
 

2015年2月10日火曜日

上野村自慢


この二組に出会ったおかげで
上野村がグッと身近に感じるようになりました。出かける理由ができました。

行ってみると理由なんて必要なくて
ただただ山に囲まれた素朴なその景色が心地いいです。

それでも、そこに美味しいものや心 ときめくものや
会いたい人が居てくれることは幸せです。


<yotaccoの薪でふかした干し芋さん>

上州富岡駅すぐ近くのおかって市場さんで購入
しっとりと肉厚でとびきり旨い。

食べなくても、絶対美味しいでしょ~とわかる。
それはきっと二人のお人柄であるだろうし、
生活の中にこの干し芋さんがあるからなんだと思う。
作り手の生活とモノが切り離されていない安心感なのかな。


<ホクト59のでかしゃもじ>


見ているだけではわからない心地よさがありました。
高崎駅構内の群馬いろはでも販売していましたよ。


大人にになり買い物が日常の行為になっていることに気づく。
ごはんの食材からトイレットペーパー、文房具や食器…
子供の時みたいにおこづかいを貯めて何を買おうとワクワク悩むことが少なくなった気がする。

このしゃもじを見かけてから数か月
店に行っては眺め、手に取り、また今度、の繰り返し。

先日煮物を作ったときにピンとこのしゃもじが頭に浮かんだ。
節分の日、巻き寿司を作りたいと思った時にも。

これはもう手元に置いてもいいだろう!と思い切って購入。

あまりの手触りの良さにもったなくてすぐには使えそうにありません。
もうしばらく触れてニヤニヤしたいと思います。

ひとつの買い物がワクワクするのは、
その一つ一つを大切に作っている姿が思い浮かぶからかもしれないな。
だから本当に大切に使える と思えるまでは手が出せない。
でも、それでいいんだと思う。それが、楽しい。

  
上野村には、そんな素敵なものを生み出す人たちがいました。
探せばまだまだいるかもしれません。
群馬は なんちゃらランキングで最下位。なんて話をよく耳にしますが
いいもの、いい場所、いい人たちの存在に気づいていないだけな気がしてなりません。
ここ数年、知るたびに群馬が好きになります。
これからもっと探検していきたいです。
 
 
(とんこ)

2015年2月9日月曜日

にんじんだけのかき揚げ

ふと思い出して
にんじんだけのかき揚げを作ってみた。
おいしかった気がする…と。

冬の人参は水分たっぷり蓄えて
生で食べると柿のようなやさしい甘さ。
リンゴのようにサクサクもしている。

そんなにんじんも、火を通すと甘味がグッと増す。
いやらしい甘さではなく、素直な甘さ。
(いやらしいとか素直とかそれは食べてみなくちゃわかりません!)


そんなわけで、にんじんのかき揚げ。
かき揚げ だけど にんじん だけ。

にんじん だけが旨いんです。

 

奥がにんじんの天ぷら。
ちょっと太めに切りました。
 
 
今夜は天ざるそば

最近ハマっている天ぷらですが、
久しぶりすぎて衣に全卵を入れていました。
どうりで衣がプクプクするわけです…



(とんこ)

2015年2月6日金曜日

念願の春菊天ぷら


春菊の天ぷらが大好きです。

揚げ物という難関が立ちはだかりなかなか辿り着けずにいました。
が、やっと辿り着けました (T^T)

揚げ物を始めて以来、楽しくて二日に一度のペースで何かしら揚げています。
楽ちんでいいですね…今さら気づきました。

群馬の粉をかるーくまとった
シンプル、サクサクな春菊の天ぷら。

旨い。の一言です。

 

注:そんなに言うほど上手ではありません!
 
月見そばと一緒に。


(とんこ)

2015年2月5日木曜日

地粉遊び


昨夜はカレーでした。
ごはんがなかったので、急遽チャパティを焼きました。

チャパティは、インドやバングラデシュ、アフガニスタンで食べられているパンの一のや種だそうです。
初めて作りました。私ではなく、夫ですが、、


プクプク
プワー、ふくらんだ‼

ほうれん草のカレーと一緒に。
※今季のほうれん草は終了しました。
 

最近は地粉を使っていろいろ作ることが多くなりました。
お好み焼き、タコ焼き、ホワイトシチュー、天ぷら、パンケーキ、うどん、、

以前は、これには薄力粉、これには強力粉、地粉は扱いが難しいから…と避けていたのですが
あまり深く考えず、まずは家にある地粉を使おう!とやってみたところ
意外と何でもそれなりに美味しく作れました。

それなり、、というよりもむしろ粉の味がしっかりとして美味しい☆

仕事でフォカッチャやピザ生地を作っていた頃は、粉ものって難しい!と感じましたが
今は 楽しい!の方が大きいです。
まるで生き物のように膨らむ様は何度見ても不思議で愛らしい。
粉から食べ物へ変化する工程も ワクワクします。

構えずに触れてみると、意外と懐が深い地粉。
まだまだ楽しみがふくらみそうです。

<すもの食堂では、福田農園の地粉・全粒粉(農林61号)を取り扱っています‼>


(とんこ)

2015年2月4日水曜日

立春


沖縄で暮らしていた時、
旧暦が普段の生活に馴染んでいて驚きました。

群馬に帰ってきて、
四季のある生活をとても美しくありがたく感じました。

それから二十四の気という季節と
七十二もの候という季節があることを知りました。

子供のころ、母親が何気に行っていた季節ごとの行事は
そんな旧暦に沿った日本の暮らしなんだなぁと今さらに気づきます。

お店を始めてから、そんな季節に寄り添った暮らしに憧れつつも
日々に追われ後回しになってきたことを
ここにきて、少しづつ見つめることができるようになってきました。
本当に少しづつです。

豆は初めて自分で煎りましたが、
恵方巻は買いました。

以前は全て手づくりで!と意気込んで結局できない事も多かったのですが
最近は少し柔らかく考えることができるようになりました。

夫の提案で、恵方巻は近くのスーパーの屋上まで行き
寒空の下、西南西に向かっていただきました。

今年もまた楽しみです。



(とんこ)

2015年2月3日火曜日

節分ですね。

今年、何度目かの鍋。
寒さは変わらないのに、鍋の時期ももうすぐ終わりだな~とふと感じる。

明日は立春。春がこっそり近づいているのかな。

見慣れた白菜も、冬のでっぷりした大根も、ほっくり里芋も
そのうちいつの間にか姿を消してしまうんだな。

だからその前に、もうちょっと冬に浸っていたいと思います。


この時期のしわっとなった白菜が好き。
みずみずしさをギュッと濃縮したようなとろけるおいしさ。

かなへい作。バラ大根&里芋の煮っころがし。
素朴な見た目に反して、止まらない美味しさ。
大根も里芋もうまみが強い!



(とんこ)

2015年2月2日月曜日

プリン・ア・ラ・モード

ノスタルジー

おいしい

うれしい

たのしい。

そこに難しい理由なんて、ないんだなー。


プリンは卵、牛乳、砂糖だけの優しい味
 
ある日の休日。

プリン・ア・ラ・モード ♪


(とんこ)